令和元年春の外国人叙勲

2019/5/21

令和元年春の外国人叙勲
ロズリン・ビビエン・ブレイチャー元在ダーウイン日本国名誉総領事の旭日中綬章受章


2019年5月21日
在シドニー日本国総領事館


   2019年5月21日、日本政府は、令和元年春の外国人叙勲受章者を発表し、この中でロズリン・ビビエン・ブレイチャー元在ダーウィン日本国名誉総領事が叙勲されることが発表されました。同氏は、日本とオーストラリアとの間の交流の促進及び友好親善に寄与した功績が認められ、本年、令和に改元されて初の外国人叙勲において旭日中綬章を受章することとなりました。

・賞賜: 旭日中綬章
・功績概要: 日本とオーストラリアとの間の交流の促進及び友好親善に寄与
・氏名: ロズリン・ビビエン・ブレイチャー
・主要経歴: 元在ダーウイン日本国名誉総領事

  ブレイチャー氏は、2002年4月から2012年4月までの10年間に亘り、ダーウィンにおいて日本国名誉総領事として、日本とオーストラリアとの間の交流の促進及び友好親善に寄与してきました。また、同氏は、オーストラリアの主要真珠会社に籍を置き、日本との長年に亘る関係を維持してきました。  また、同氏は、芸術、研究、医療、社会福祉の各種団体を支援することで地域に貢献し、日本との経済、文化の促進に寄与したとして豪州政府よりAM(Member in the General Division of the Order of Australia)の称号が与えられています。