| English

現地校事情

子女教育 - シドニー日本人学校 国際学級

◆学校の詳細情報 (平成28年10月更新情報)
国名 オーストラリア
州名 ニュー・サウス・ウェールズ州
都市名 シドニー
学区  
学校名 シドニー日本人学校 国際学級

Sydney Japanese International School International Division
所在地・TEL・FAX・Email・URL等 112 Booralie Road, Terrey Hills NSW 2084

TEL:02-9450-1833

FAX:02-9450-1192

Email:registrar@sjs.nsw.edu.au

URL:http://www.sjis.nsw.edu.au
場所 在シドニー総領事館から車で約45分
学校の形態・種類 1969年5月15日設立、私立/共学/通学制

幼稚園・小学校

【加盟機関】

NSW州私立学校協会(The Association of Independent Schools of New South Wales Limited)

NSW州義務教育である小学幼稚部は、シドニー日本人学校の国際学級に属し、オーストラリア人の担任の指導のもと授業が行われる。それに加え、1日1時間の日本人教師による日本語の授業がある。小学幼稚部は、2クラスから3クラスの編成となり、1年生以降を国際学級に進む予定のクラスと日本人学級に進む予定のクラスに分けてクラス編成をしている。但し、どちらのクラスもほぼ同じカリキュラムで進行するので、1年生になる前に、どちらの学級に進むかを最終的に判断すればよい。
教育課程の認定 【当該校設置国(教育課程の準拠する国)の上級学校への進学進路資格】

卒業後中学校への進学資格あり

【学校所在国の上級学校への進学資格】

卒業後Y7への進学資格あり。学校の概要・特色全日制の日本人学校小学部に併設された国際学級であり、NSW州のカリキュラムに基いた教育が行われている。また、日本人教師による日本語の授業が毎日1時間あり、3レベルに分かれたきめの細かい指導をおこなっている。オーストラリアの教育を受けながら、日本語力も保てるようバイリンガル・バイカルチュラル教育を実践している。
学校の概要・特色 全日制の日本人学校小学部に併設された国際学級であり、NSW州のカリキュラムに基いた教育が行われている。また、日本人教師による日本語の授業が毎日1時間あり、日本語の指導にも力を入れている。

キンディ(YK)からY6まであり、7年間の普通教育が施されている。各学級の人数は最大人数25名程度であり、少人数のよさを生かしたきめ細かな指導が行われているため、学力は総じて高く、オーストラリア全体で行われる全国統一テスト(NAPLAN)でも上位の成績を毎年残している。

日本人学級と同じ校舎を使用しており、朝夕のスクールバスによる登下校や休み時間の遊びはもとより、学校行事や音楽、図工、体育等のミックスレッスン(合同授業)を通して、日常的に日本人の児童と交流し、日本語を実践できる環境にある。
授業方式・言語 方式:NSW州のカリキュラムに基づく豪州人教師による授業 主な教授言語:英語
受験できる統一テスト NAPLAN Test (National Assessment Program for Literacy and Numeracy for Y3 & Y5)                                                                                 ICAS Test (English, Spelling, Writing, Maths, Science for Y3-6) 
英検(シドニーで唯一英検を受けられる機関である)
卒業生の進路状況 【全卒業生の進路状況】

現地の中学校(Y7)に100%進学する。

【日本人卒業生の進路状況】

現地の中学校(Y7)に100%進学する。
卒業条件および
発行される証明書
6年生(Y6)のカリキュラムを修了することにより卒業証書が発行される。
外国人に対する
言語特別指導
相談の上、日本語授業の代わりに英語授業を受講する場合もある。
障害児受け入れ 基本的に受け入れていない。
就学段階別対象年齢
・学年
国際学級 小学幼稚部:4歳~12歳、K~6年生
小学校1年生の
年齢基準日
原則として、その年の7月31日までに満5歳になる者が、同年の1月に入学。
教職員数 教諭9名、講師4名
在籍児童生徒数 在籍児童生徒数130名(国際学級)(2016年10月31日現在)在籍日本人児童生徒数85名(2016年5月31日現在)
在籍日本人児童生徒数 64名(日本人と豪州人との間のハーフの児童が多い)(2013年5月31日現在)
学校年度・学期制 学校年度 1月1日~12月31日

【4学期制】各学期の期間は以下のとおり
1学期:1月15日~3月14日

2学期:4月22日~6月28日

3学期:7月15日~9月20日

4学期:10月8日~12月20日
日課等 【始業・終業時刻】

8:50~15:20
保護者負担経費 支払通貨名:オーストラリアドル     
入・編入学時経費:
現在の入学金、諸経費は以下URL参照。
http://www.sjis.nsw.edu.au/jpn/enrolment_05.html

学校チャーターバスの場合 年間~2000ドル程度
州政府運営バスの場合 永住者は無料
スクールバスの有無
・通学方法
あり  

通学方法:州政府によるスクールバス10ルートと学校によるチャーターバス1ルートの合計11ルートが運行されており、基本的に全児童生徒が利用している。
昼食の形態 基本的には弁当持参。タックショップと呼ばれる校内の売店での購入も可。
入・編入学の時期 【入学申請受付時期】

入学式実施日直前まで可。

【編入学申請受付時期】

随時
入・編入学の基準 【基準・選抜方法】

主として社会性・英語力をチェックするための面接等を行う。

【言語能力チェックの有無】

あり
日本人入学の規制・条件 授業を受けることができる英語力と学習能力を有すること。

入・編入学に際しての
必要書類
以下URL参照
http://www.sjis.nsw.edu.au/jpn/enrolment_04.html


ウェイティング ウェイティング制度:

あり

ありの場合の状況:

2016年5月31日現在/なし
学校への訪問について アポイント:



受付曜日時間:

平日(月~金)9:00~16:00

連絡先:

電話(02)9450-1833またはメールregistrar@sjs.nsw.edu.au
学校から日本人に対する
コメント等
日本人学校に併設された国際学級であるため、ローカルスクールと同様のカリキュラムで学習しつつ、日本人の子どもとも日常的に触れ合うことができる。保護者にも永住の日本人が相当数いるため、親同士も日本語によるコミュニケーションを図ることができている。
地域の特色等 日本人学校は、シドニーの市中心部から北に30kmほどのところに位置し、豊かな自然の中に1996年1月に2階建て24教室及び管理棟の近代的な校舎を開設した。体育館や図書館、音楽室や美術・図工室、技術・家庭実習室などの特別教室を備えている。56,000㎡に及ぶ広大な敷地にグラウンド2面を有しており、1面は芝生のサッカー用グラウンド、もう1面は、200mの全天候トラックを備えた陸上競技を中心とした各種スポーツが実施できるグラウンドである。

教育内容の特色として、NSW州のカリキュラムに沿って現地校と同様の教育を行っている。また、同じ学年の日本人学級と教室が隣り合うという特徴を生かし、日本人学級の子どもたちとの休み時間の交流や、学校行事、音楽、図工、体育での合同授業「ミックスレッスン」を通して、日本語や日本の文化に触れることができる環境にある。日本語科で日本語を学ぶ一方、日本人学級の子どもたちと交流することで、子どもたちは日本語による実践的コミュニケーション能力を高めている。さらに、遠足や施設見学をはじめ、宿泊学習や修学旅行なども日本人学級と合同で実施しており、無理なく生きた日本語を学習する上で、たいへん恵まれた環境にある。
TOP