| English

領事手続

査証

1. 査証(ビザ)

領事部査証窓口にて、外国人の方が日本に入国するための査証申請の受付・交付を行っております。

査証申請における注意点

* ニュー・サウス・ウェールズ州及び北部準州(ノーザン・テリトリー)に在住の方のみ当館にて申請できます。

* 査証申請上の必要条件は、国籍、渡航目的、滞在期間などによって異なりますので、査証担当にお電話いただくか(TEL 02-9250-1000+Press2、 電話対応時間10:00-12:00、 15:00-17:00)、或るいは査証窓口にてお問い合せください。

* 原則として、申請書は申請者本人が直接査証窓口にて提出する必要があります。

査証申請書のダウンロードはこちらをクリックしてください。

査証申請窓口時間  休館日を除く月曜日―金曜日

午前9:30-午前12:00

午後2:00-午後4:00



ビザの原則的発給基準

原則として、ビザ申請者が以下の要件をすべて満たし、かつ、ビザ発給が適当と判断される場合にビザの発給が行われる。


(1) 申請人が有効な旅券を所持しており、本国への帰国又は在留国への再入国の権利・資格が確保されていること。


(2) 申請に係る提出書類が適正なものであること。


(3) 申請人が日本において行おうとする活動又は申請人の身分若しくは地位及び在留期間が、出入国管理及び難民認定法(昭和26年政令第319号。以下「入管法」という。)に定める在留資格及び在留期間に適合すること。


(4) 申請人が入管法第5条第1項各号のいずれにも該当しないこと。

2.査証免除取り決め国一覧表

査証相互免除諸国の方(一般旅券所持者)については、入国目的が通過又は短期滞在(観光、短期の商用、知人の訪問など)であり、かつ、所定の期間内の滞在である場合に限り、査証免除取極めにより査証の取得が免除されます。ただし、入国目的が、職業への従事や報酬を受ける活動への従事である場合には、査証取得が必要となります。

一般旅券所持者に対する査証相互免除国の詳細は、外務省ホームページ渡航関連情報の査証相互免除国一覧表(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/tanki/novisa.html)をご参照ください。

TOP