| English

領事手続

出生届・婚姻届・その他の届出

受付時間 9:30~11:30  14:00~15:30 (平日のみ)

1.出生届

出生届のための提出書類

① 出生届(所定の用紙) 2通

② 出生証明書(Birth Certificate) 1通

  Registry Office(登記所)発行のスタンダードタイプ原本(コピーは不可、原本はお返しできません。) 

③ ②の和訳文(当館作成のひな型使用、届出人による翻訳可) 1通

④ 両親の旅券及び豪州査証 
  豪州移民局の「VEVO(Visa Entitlement Verification Online)」サイトにて保持する査証の有効性が確認できますのでその情報を印刷してお持ちください。

⑤ 戸籍(古いもの、コピー等でも情報が最新であれば可)、記載内容の確認のために使用します。

日本国外で出生した場合、出生届は出生の日を含めて3ヶ月以内に在外公館の長か本籍地の長に提出しなければなりません。出生により外国の国籍も取得する場合 (両親の一方がオーストラリア国籍者であるか永住権を有する場合など)は、 3ヶ月以内に日本側に届け出るとともに、日本国籍を留保する意思を表示(出生届に署名押印または拇印) しなければ、出生の時にさかのぼって日本国籍を失うことになりますので、御注意ください。

* NSW Registry of Births, Deaths & Marriages はこちらをクリックしてください。

* 郵送にて届出をされる場合は、当館戸籍担当に必要書類をご確認ください。

* 印鑑をお持ちでない方は拇印を押してください。

* 直接本籍地役場に届出される方は、あらかじめ本籍地役場に必要書類をご確認ください。

* 来館の上窓口にて届出される場合は、閉館時間まで余裕(約1時間程度)をもって入館してください。

* 予め届出用紙及び記載要領などの入手をご希望される方は、以下を当館にご郵送ください。

 

宛先Consulate-General of Japan

GPO Box 4125, Sydney NSW 2001

戸籍担当宛

①返信用封筒

*A4サイズの書類が入るものに、宛先をご記入の上、それ相応の切手を貼ってください。

②以下を明記したメモ

・希望の届出用紙(出生届けなど)

・お子さまの出生日

・父母の国籍と永住権の有無

・婚姻の有無

・父母の氏名及び生年月日

・電話番号

・郵送による届出を希望の場合にはその旨明記ください。

* 御質問、御不明な点がありましたら、当館戸籍担当までお問い合わせください。



母子手帳配布

当館では、一般社団法人 親子健康手帳普及協会より提供を受けました母子健康手帳(親子健康手帳)を管轄地域に在留する配布対象者の方に無償で配布しております。 当館窓口での申し込みのほか、遠隔地にお住まいの方は、郵送での申し込みも可能です。(※数に限りがございます)

ご希望の方は、下記リンクより、申込書をダウンロードいただき当館あてに提出願います。
郵送による送付をご希望の方は送付用切手と返信用封筒をあわせて当館あてに送付願います。

「母子手帳(親子健康手帳)申込書」ダウンロード


○ 配布対象者
以下の条件全てに該当する方
※ 日本国籍を有する方
※ 当館管轄地域に在留し、当館に在留届を提出している方
※ 妊娠中または出産直後(原則として3ヶ月以内)の女性、または、その配偶者




2.婚姻届

婚姻届のための提出書類

1)日本方式による日本人間の婚姻の場合(注1)

① 婚姻届(所定の用紙) 3通

② 双方の3ヶ月以内の戸籍謄(抄)本 各2通

③ 双方の旅券

 

* 当事者双方が日本法で定める婚姻の実質的要件(婚姻年齢、重婚でないことなど)を満たす場合には、届出のみで婚姻が成立します。 婚姻届に当事者双方及び成年の証人2名の署名押印又は拇印が必要です。

2)外国の法律に基づいて婚姻が成立した場合 (注1)

① 婚姻届(所定の用紙) 2通 (日本人間の場合 3通)

② 婚姻証明書(Marriage Certificate) 1通

* Registry Office(登記所)発行の原本(コピーは不可、原本はお返しできません。)

③ ②の和訳文(当館作成のひな型使用、届出人による翻訳可) 1通

④ 3ヶ月以内の戸籍謄(抄)本 2通 (日本人間の場合 各2通)

⑤ 外国人配偶者の国籍を証明する書類(原本提示)(注2)

* 配偶者が重国籍の場合には国籍証明を複数お持ちください。

⑥ ⑤の和訳文(当館作成のひな型使用、届出人による翻訳可) 1通

⑦ 旅券

 

注1:新しい本籍地を別の市町村に設ける場合には、提出していただく届書の通数は、 記載の通数にさらに1部加えた通数が必要です。その際、日本の新本籍地役場に新本籍として設定可能かどうか及び表記 (特に番地、号)をあらかじめ確認してください。

注2:婚姻日に有効な旅券、 又はRegistry Office(登記所)発行の出生証明書(Full Birth Certificate)の原本(コピーは不可、1986年8月19日までに豪州国内で出生した人に限る。)を提示してください。旅券又は出生証明書と、婚姻証明書のミドルネームを含む氏名が一致していない場合は、 当館戸籍担当に必要書類を確認してください。

* 再婚の場合は前婚姻の終了日を確認できる書類をご提示ください。

* 戸籍上の氏を外国人配偶者の氏に変更する方は、婚姻成立の日を含め6ヶ月以内であれば、 家庭裁判所の許可なしで変更可能です。届出用紙をご希望の方はお申し出ください。 日本の氏に外国の氏を付け加える形(たとえばスミス 山田)での変更は家庭裁判所の許可が必要です。

* 婚姻届は、戸籍法により婚姻成立の日から3ヶ月以内に届け出なければなりません。 3ヶ月を超えて届け出る場合は、遅延理由書(署名、押印又は拇印が必要)を婚姻届と同じ通数作成してください。

* NSW Registry of Births, Deaths & Marriages はこちらをクリックしてください。

 

* 郵送にて届出をされる場合は、当館戸籍担当に必要書類・郵送方法をご確認ください。

* 印鑑をお持ちでない方は拇印を押してください。

* 直接本籍地役場に届出される方は、あらかじめ本籍地役場に必要書類をご確認ください。

* 来館の上窓口にて届出される場合は、閉館時間まで余裕(約1時間程度)をもって入館してください。

*予め届出用紙及び記載要領などの入手をご希望される方は、以下を当館にご郵送ください。

宛先Consulate-General of Japan

GPO Box 4125, Sydney NSW 2001

戸籍担当宛

①返信用封筒

A4サイズの書類が入るものに、宛先をご記入の上、それ相応の切手を貼ってください。

②以下を明記したメモ

・希望の届出用紙(婚姻届・外国人との婚姻による氏の変更届など)

・婚姻日及びその方式

・配偶者の国籍

・氏名及び生年月日

・電話番号

* 御質問、御不明な点がありましたら、当館戸籍担当までお問い合わせください。

3.その他の戸籍・国籍関係届出

その他、海外で日本人の身分事項に変動があった場合や、国籍の得喪があった場合は、海外に在住中であっても、わが国の戸籍法・国籍法に基づいて届出が義務づけられており、すべて戸籍に記載されることになっています。

以下に主な届出の概略を説明しますが、届出の方法や必要書類(通数)などの詳細については当館戸籍・国籍担当まであらかじめお問い合わせください。

1)離婚届

裁判による離婚の場合、離婚判決確定後3ヶ月以内に届け出なければなりません。離婚の方式により必要書類が異なります。あらかじめ戸籍担当までお問い合わせください。

2)死亡届

国外で亡くなられた場合は、3ヶ月以内に親族が届け出ることになります。死亡届書、死亡証明書及び死亡時刻を確認できる書類、和訳文の提出が必要です。日本国内で埋葬される場合は、国内の市区町村役場で届出をする方が、すみやかに手続きをすることができます。

3)国籍喪失届

日本国民が自己の志望により外国の国籍を取得した場合は、日本の国籍を喪失します。本人、配偶者又は四親等内の親族が、国籍喪失の事実を知った日から3ヶ月以内に国籍喪失届を提出する必要があります。22歳未満であっても、自己の志望により外国の国籍を取得すると日本国籍を喪失しますので、十分注意してください。

4)国籍選択届・国籍離脱届

外国の国籍と日本の国籍を有する方(重国籍者)は、22歳に達するまでに(20歳になった後に重国籍になった場合は、その時から2年以内に)どちらかの国籍を選択する必要があります。選択をしない場合は、日本の国籍を失うことがありますので注意してください。

重国籍になる例としては、出生により外国の国籍も取得する場合(出生時に両親の一方がオーストラリア人であるか永住権を有する場合等)があります。

国籍を選択する方法については、当館国籍担当までお問い合わせください。

TOP